top of page

​​「時々、私はあなたのことをもっと知るためにあなたの言語であなたと話そうとします。同じ音で、
​同じシステムを使用していますが、エラーが発生します。
私は親密さを持って遊んでいるふりをしているようですが、ここでもまた、あなたに(間違いを正してくれて)感謝し、(追加の作業に対して)申し訳ありません、それは貪欲ですか?
花びらが肩に落ちるのと同じくらい無意味だが、それはただ一言触れただけだ。どんな言葉を使っても、私たちの言葉は軽やかで、
音は私を高揚させ、私の身長を超えて調和します。」

 
アーティストの中島ひろみによる絵画と文章のコレクション「ショート ノート」からの抜粋。そのテーマは、物語を語る中で死すべき運命の影を位置づけており、天国の金色の雲にはおそらく遅すぎることを知っているが、それでも空の青に希望を抱いている。夕方の空。
おそらく、物忘れのクールな漂流を止める試みとして、原色の色合いと濁った形状を融合させて画像が素早く作成されます。

中島ひろ美のコミュニケーターとしての多才さは、彼女の写真や文章を通して明らかです。繊細なペンとインクからスプレーペイントされた水彩画まで、さまざまな媒体を使って作品を制作し、印象派のロールシャッハのイメージを生み出すこともよくあります。山々が私たちの目の前で呼吸の解剖学に瞬時に変化する、限界的な翻訳空間を占めています。 

Hiromi Nakajima’s versatility as a communicator is in evidence through her images and writings. Working in diverse media from delicate pen and ink to spray-painted water colours, often creating impressionist Rorschach images. Occupying aliminal space of translation where mountains can at once metamorphose into anatomies before our eyes.

With poems and extensive narrative texts that playfully engage with subjects from fairytale imagining to existential reflections all served up with a hesitance of the 21st century subjectivity.

Performance and exhibition include Port Eliot Festival Saltash, Turner Contemporary Margate and Leaving Language for The Folkestone Triennial Collateral.

Hiromi Nakajima lives and works in Tokyo.

Please contact info@waughoffice for further details and pricing.

Waugh Office was established in 2011 by Julia Waugh and Mark Waugh,

 as a hybrid platform curating exhibitions, events and publications internationally

Privacy Policy

info@waughoffice.com

© Waugh Office 2024.

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
bottom of page