top of page
kirico tanikawa
24th April
2017
Oil On Canvas
120cm x 120cm


 

谷川キリコの絵画は、法医学写真と同じくらい回避的であり、明白な理由や目的を拒否する一連の手がかり​を提示する証拠のようです。何気なく置かれたオブジェクトは想像力を待ちます。台本や結論のない断片のムードボードです。 

放棄された風景、空の駐車場、周囲の視界を囲む濡れた道路、これらは見落とされていた映画のような断片であり、脱臼しているのと同じくらい見慣れた都市の聖遺物に変わりました。

おそらく犯罪現場がどのように描写されるか、あるいはエロティックなファンタジーのヒントさえも考えているうちに、目は背景に絡み取られます。これらの灰色の表面はテクスチャで満たされていますが、基本的には空の空間の画像です。もちろん、何も空ではなく、この一見無の中に、夏の日のように美しい絵画が現れます。

砂利は結晶表面の小さな山脈、つまり顕微鏡地図に変化しました。一度見てしまえば、そのような詳細をレンダリングするのに何時間も費やしたのかをじっくり考えることができます。それらは天上の歓喜のものでしょうか、それとも忘却への訓練でしょうか。これは無関心な世界を超越するために必要な視点のようなものでしょうか?

Kirico Tanikawa primarily known for hyperreal oil paintings of discarded objects that imply a reverence for the everyday. These large canvas' contain an eerie stillness of surplus production that defines global capitalism

 

The artist was included in Leaving Language for The Folkestone Triennial.

 

Kirico Tanikawa lives and works in Tokyo.

Please contact info@waughoffice for further details and pricing.

Waugh Office was established in 2011 by Julia Waugh and Mark Waugh,

 as a hybrid platform curating exhibitions, events and publications internationally

Privacy Policy

info@waughoffice.com

© Waugh Office 2024.

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
bottom of page